ご挨拶

 当サイト「奈良で源氏物語」をご訪問くださり、ありがとうございます。

 パソコン通信の時代からパソコンいじりが趣味だったのですが、HP作成やブログを敬遠して今日に至りました。何人もの方々からHPは作らないのかと言われてきましたが、2014年5月、はじめてHP作成にチャレンジしました。
 論文はもちろん、文章やコラムなどを図版入りで編集したり、パワーポイントでの講演は好きなのですが、本の形式のようになってしまい、なかなかうまくいきません。みっともない姿ながら、ご容赦願います。
 いよいよ公開しようとすると、すでに公開されているサイトに比べて見劣りして恥ずかしくなりました。慣れてきたら、次第に見栄えも内容も少しずつよくなると思いますので、しばらく我慢しておつきあい下さい。
 ここでは、まず、奈良で源氏物語を研究し、教育してきたメリットをお伝えします。
 私事ながら、結婚・出産・育児・就職難・仕事・研究・母校消滅に転居多数と、いろいろと経験してきました。苦労話は数々ありますが、ここでは、そんなことには触れないでおきましょう。
 むしろ自分の置かれた環境の中で見方を変えると世界が拡がる、といったことをお伝えしたいと思っています。もちろん、源氏物語を学ぶことで、豊かな心を育むことができます。私は源氏物語に支えられてきました。
 ともかく、HP初心者ということは大目に見ていただき、気楽に楽しんでみてください。
                                       以上、2015年5月

 皆様お久しぶりです。しばらく更新する時間と気力がなく、時々でもご訪問いただいた方には申し訳なく存じます。来年度も引き続き学部長に選出され、学科のカリキュラム改正や再編などの準備で忙殺されておりました。元気にしておりますことご報告いたします。
 大学の授業・運営と京都アスニー連続講座だけは怠りなく、最大の楽しみであったこのサイトの更新が後回しになっていました。忙しいことよりも、今後どのようなページにしようか、全面的にレイアウトを変えなければ、と迷っていたことが大きな理由です。そもそも、他の方が運営されているページとは見た目も作り方も異なり、更新に手間取る方法をとっています。要領よく、よりも、自分の納得いく形を、と考えて始めた方法なのですが、内容もシステムも予想通り複雑になってしまいました。全面的に改築したいと思いつつ、そのための時間はとれず、という状態です。ちょうど我が家の書斎と同じく、気になりながらも手を付けられないのです。2001年1月に完成した大津の自宅も、壁や屋根を修繕することにしましたが、これは打ち合わせさえしてしまえば職人さんたちがしてくれます。けれども、このサイトは一人で好きなように作成してきた(今後もそうしたい)ので、書斎を他の人にいじられたくないのと同じく、自分で改造する他ありません。
 今しばらくは大きな更新ができませんし、相変わらずスッキリしないサイトですが、ご容赦ください。なお、全部読み切ったから早く次のページを、というご要望をいただけましたら、それを励みに新しいページを書こうと思います。よろしくお願いいたします。                                               2016年2月
 本当にお久しぶりです。更新をしないHPサイトほどみっともないものはない、ということは重々承知の上で、長らく更新ができませんでした。今年度は学部長の任から解放されました。退職までに研究などに余裕のある生活を願ってのことですが、事後処理や公私にわたる雑務などでいまだにページの追加ができておりません。それでも、このサイトをご覧くださった方からのお問い合わせなどが少しずつ入るようになりました。ご覧いただいた方々には深く感謝しております。                      2017年11月

                                      清水婦久子
 ご意見はこちらへ

トップページに戻る