「絵入源氏物語」夕顔 
1「絵入源氏物語」夕顔
 光る君が目をとめたのは、垣根(左端の板塀)にはいかかる青々とした「かづら」と白い花。「かづら」とはつる草のこと。
   
2「絵入源氏物語」夕顔

 なにがしの院にて。物の怪におそわれ夕顔は亡くなる。右上に女の幻(脚のない幽霊を描いた最初の絵です)、その下に息絶えた夕顔、左端はおびえる右近(女房)
   
 3夕顔のつる草
左は、白く小さな花に比して、大きな青々とした葉を持つ夕顔(ウリ科)。枝を切り取ると花はすぐ萎れるのに、つるは強く容易には切れない。

右は、美しい蔦・葛の葉(イメージ写真)。
 2「夕顔から玉鬘へ」
  夕顔はウリ科の蔓(つる)草です。光る君が目をとめた場面でも、「いと青やかなるかづらの心地よげにはひかかれるに、白き花のおのれ一人笑みの眉開けたる」とありました(1)。「かづら」とはつる草のことです。夕顔の花によそえられた女君は、その花が一晩で萎れてしまうように、八月十六夜、源氏の目の前で物の怪におそわれ急死しました(2)。けれども、つる草は長くて丈夫で生命力があります(3)。16年後、その娘に会って、光源氏は歌「恋ひわたる身はそれなれど玉鬘いかなるすぢをたづね来つらむ」を詠みます。この歌によって、読者は娘を「玉鬘」と呼びますが、この意味をきちんと説明した書物はほとんどありません。「玉」は美称、「かづら」は葛(つる草)と鬘(髪飾り)の意味、「絶えぬ」「かけ」「すぢ」にかかる歌枕と説明されますが、これでは何のことかわかりません。
 万葉集以来、「玉かづら」は、蔓草も髪も細く長く繋がることから、会えない人を忘れず、長き思いが絶えない心を表す歌枕でした。源氏は、目の前で急死した夕顔をいつまでも忘れませんでした。末摘花巻頭では「思へども、なほあかざりし夕顔の露におくれしここちを、年月経れどおぼし忘れず」、玉鬘巻頭でも「年月隔たりぬれど、あかざりし夕顔をつゆ忘れたまはず」と、繰り返しています。
 源氏は、夕顔を(蔓草のように細く長く)忘れず、その忘れ形見は今どこにいるのか、というところから、舞台は九州に飛び、その後は、玉鬘一行の話になります。源氏物語の作者は、この姫君を、「玉かづら」という歌語にふさわしい女性として作り上げたのです。源氏の歌の意味は、〈長く思ってきた私は変わらないが、長い蔓草のように忘れなかった娘は、どんな縁をたどって来たのだろうか〉となります。「玉かづら」という歌語は、愛した人の忘れ形見(忘れ難み)という女君の役割を的確に表していたのです。以後、玉鬘はその名の通り、源氏物語の女君として活躍し、光源氏亡き後(竹河巻)も物語に登場し続けます。
〈補足〉
 蓬生巻に、末摘花が親しかった侍従の君との別れ(大宰府に下向)で、自慢の長い髪を「かづら」にして贈る場面があります。そこで詠み交わした贈答歌が、「絶ゆまじき筋を頼みし玉かづら思ひのほかにかけ離れぬる」「玉かづら絶えてもやまじゆく道の手向の神もかけて誓はむ」です。「玉かづら」に託して、遠く離れても忘れませんと誓います。


関連書籍
  • 『源氏物語の風景と和歌』(和泉書院、1997年、増補版2008年)
  • 『源氏物語の巻名と和歌―物語生成論へ―』(和泉書院、2014年)
  • 『源氏物語の真相』(角川選書、2010年)
  • 片桐洋一編『歌枕を学ぶ人のために』(世界思想社、1994年)